コラーゲン

コラーゲンとは?
肌のハリ、関節の滑らかさに欠かせない

 

コラーゲンの効果

コラーゲンは、皮膚や筋肉、内臓、骨、関節、眼、頭髪などに含まれるタンパク質の一種です。
体内のあらゆる組織に含まれ、主に細胞を繋ぎ止めたり、水分を保持して、身体が干からびないようにするという役割を担っています。

 

コラーゲンは、3本の鎖状の繊維が「らせん状」に絡まった特殊な構造をしているのが特徴で、この構造がバネのように伸び縮みすることで、肌のハリが保たれ、骨や関節にしなやかさと強度を生み出します。

 

食生活でも「コラーゲン鍋」などがあるように、今や最もメジャーな美容成分の1つともいえるコラーゲンは、ドリンクやサプリメントなど、内側からケアするものや、美容液やクリームなどの化粧品にも含まれます。

コラーゲンの効果と副作用

コラーゲンは通常の食生活でも摂取できる成分ですが、鶏皮や豚足など、脂質が多い食べ物に多く含まれています。
副作用というわけではありませんが、食生活でコラーゲンをたっぷり摂ろうという場合は、肥満に注意が必要です。
また、ニキビや吹き出物にも要注意です。

 

コラーゲンはサプリメントなどで摂取する方法と、化粧品などで外側からダイレクトに肌に与える方法があります。
美肌、骨粗鬆症予防、関節痛予防、動脈硬化防止、薄毛改善などの緩和が期待できるとされていますコラーゲンですが、通常のままでは分子が大きく、体内に入り込みにくいため、「低分子コラーゲン」が開発されています。

コラーゲンが配合されている化粧品