アスタキサンチン

アスタキサンチンとは
健康&美容効果が注目の「赤い救世主」

 

アスタキサンチン

アスタキサンチンは、サケやいくらに含まれる赤い色素成分です。
海の生物が持つ最強の抗酸化成分といるアスタキサンチンは、病気や老化の原因となる活性酸素を消す「抗酸化力」が非常に強いとされ、その力は、ビタミンEの1000倍以上、βカロチンの10倍以上と言われています。

 

アンチエイジング効果ばかりが注目されているかというと、そうではありません。
アスタキサンチンには血行を促進する効果があり、眼精疲労や筋肉疲労の抑制・改善、動脈硬化の予防など、多くの効能が期待されています。
さらに、ストレスによる免疫低下を抑制する効果があるとされています。

 

アスタキサンチンは、甘エビやいくら、サケなどに含まれ、体内から摂取することもできる成分です。
効率よく摂取するためにはサプリメントを飲む方法もあります。
また、化粧品などに配合されてるものも多く、美容成分としては、体の内側からと外側から働きかけてくれます。

アスタキサンチンの効果と副作用

アスタキサンチンは、食物やサプリメントで摂取した場合、全身に行き渡り、老化のもととなる体内の過剰な活性酸素による酸化を抑制する効果があるとされています。

 

肌の大敵である紫外線。
肌が紫外線を浴びた際にも活性酸素が発生します。
抗酸化作用のあるアスタキサンチンは、シミやしわの改善、美肌・美白効果だけにとどまらず、白内障の予防や改善、動脈硬化の予防、心臓病予防、免疫力強化などのエイジングケア効果があります。

 

アスタキサンチンはもともと食物に含まれている成分のため、副作用の心配は非常に低いとされています。

アスタキサンチンが配合されている化粧品